2013年04月15日

住まいの取材

ANMHOUSE取材

最近HP更新も怠っていて情報を掲載していないのに、仕事の進捗をFacebookU+Worklogなどでこまめにじて情報発信しているせいか、完成建物などを見られて、いろいろなメディアの取材依頼が多くある。完成した住まいの取材や見学はお住まいの方のスケジュールや都合でなかなかメディアの意図では、思うように取材できるとは限らない。今回もようやくクライアントの了解もえられ、休日にメディアの取材に同行した。お住まいは住まい始めてから、1年3ヶ月を経過したAMN_HOUSEですが、がんばってまとめて近くHPで見られるようにしたいと思っている。

さて、1年を経過すると建築も少し傷み出すが、それらの傷みは、住まいの愛着となって住まい手に十分に馴染んでいくためには必要だとも考えている。このAMN_HOUSEはクライアントも相当お気に入りで、以前もメディアの取材で「何かもう少しこうやれば良かったとか何かありませんか?」との質問に「もうこれ以上どうしてほしいということはなく、120%満足している」とご主人におっしゃって頂いた。今回も「家のどこが、特に好きですか?」との質問に奥様がお答えになり、「私たちの要望が全て網羅されているのと同時に、暮らし易いせいか、暮らしにとっても馴染んで、どこが特に好きということではなく、住まいの全てが好き」とおっしゃって頂いた。本当にうれしかった。

とにかく、完成後手がけた住まいに訪れた時、住まいが丁寧に使用されていていたりすると本当にうれしいものである。今回も丁寧に使用しながら、旦那さんも建設関係のしごとをしている職人さんあので、手も動くので、いろいろ自分なりに手を入れて下さっていていい感じになってきていた。子供たちがタタミの上を跳ね回る姿まで想像はしていなかったが、家族に愛されている住まいを見るとこちらまでもが幸せな気分になるものだ。

人気ブログランキングへ 

posted by tamao at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works

2010年10月22日

第37回 石川県デザイン展 入賞

101022_無憂.jpg

愛染寺永代供養納骨堂「無憂」が、第37回の石川県デザイン展に入賞しました。
この建築は昨年の秋に出来たものですが、いつもながらに構想から完成まで大変長い時間を費やしました。愛染寺の建築はクライアントの竹内秀岳氏の柔軟な発想による部分が大きいと私は思っていますが、こうして完成した建物が賞を頂けることは設計者としても大変うれしいものです。U+は、建築の背景を見つめ、その本質を見極め、素直にクライアントの要望に耳を傾け、環境に対する建築の役割を受け止めて真摯な態度で設計やデザインに取組んでいるつもりです。自画自賛な部分もありますがそんなことも評価されたのだと勝手に思っております。とにかくうれしいです。今回の入賞を励みにこれからも仕事に全力で取組んで参ります。
石川県デザイン展は24日まで、金沢21世紀美術館で開催されています。他にも県内のいろいろな分野のデザインがご覧になれます。

人気ブログランキングへ
posted by tamao at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works

2009年12月08日

Easy House OPEN!

EasyHouse完成

週末はあいにく雨でしたが、たくさんの人にご来場いただきました。ありがとうございました。寺井の不動産屋さんの株式会社レントさんと企画を進めてきました、Easy Houseと名づけた住まいが完成し、先の週末からました3ヶ月の間モデルハウスとして、みなさんにご覧いただけます。

Easy HouseのEasyは、安らかな、ゆったりとしたという意味を持っています。もちろん、石川の方言の「い〜じ〜!」がかかっています。「少しだけ街から離れて、ゆっくり自然に暮らしたい。」という人には、立地を含めて本当にお勧めです。実際には、モデルハウスを販売しており、購入も可能です。4月には入居が可能です。

私どもの住まいへのこだわりとレントさんの消費者である市民の目線から生まれましたもので、楽しく、経済的にそして安心して暮らすことの出来る住まいです。暮らしやすさを追求し、間取り・素材・外観など細部にこだわりました。写真でも多少、他との違いが分かるのではないかと思うのですが、価格も含めて本当に一見の価値のある住まいだと思っています。

お問い合わせいただければ、これから3ヶ月間はいつでもご覧いただけますので、お気軽にお問い合わせください。いち早くお見せしたいとの想いがあり、住まいのスタイリングがまだですが、みなさんのご協力を仰ぎながら、早めにもう一つの提案をご覧いただけるようにしたいと思います。ご期待ください!

人気ブログランキング→人気ブログランキングへ
posted by tamao at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works

2009年10月18日

南無大師遍照金剛

南無大師遍照金剛

愛染寺納骨堂、無憂(むう)に軸をしつらえて来ました。軸には住職が自ら書かれた南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)の書が転写されていて、金沢の塗装館エス・エスの最新の技術で転写されています。住職と私、そして、塗装館エス・エスの坂井専務をはじめ樋爪さん寺井さんとで位置を確認しながら慎重にしつらえました。
半透明の布に転写された南無大師遍照金剛が中央に掛けられ自然光に照らし出され、この建築に魂が込められた思いがしました。残るは無憂の扁額です。いよいよ10月25日に落慶法要が執り行われる。

人気ブログランキング→人気ブログランキングへ
posted by tamao at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works

2009年10月07日

アートマインド

愛染寺納骨堂の壇

この10月25日に落慶法要を迎える愛染寺納骨堂のプロジェクトで、先日、円形の納骨堂のセンターに位置する円形の壇のしつらえをプロジェクトにかかわるみんなで行った。光触媒アートフラワーのリョクエイさんからメインテナンスを考慮して、光触媒を施した造花を購入し、ガラス絵でお世話になった鹿山栄子さんに基本的なしつらえを行っていただきながら行った。みんなでいろいろ考えて、住職から仏教における蓮の意味など聞きながら、最後は仏教で使う散華を住職も自ら散らして行った。納骨堂には照明はなく、真上の自然光が壇を照らし出して、中心に心が吸い込まれそうな感覚になった。常識にはとらわれない住職の自由な発想で新しい空間が生まれたように感じた。まだまだ建築やアートが可能にする領域は存在するそう確信した。

人気ブログランキング→人気ブログランキングへ
posted by tamao at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works

2009年07月21日

愛染寺納骨堂ほぼ完成

愛染寺全景

愛染寺の納骨堂がほぼ完成しました。先日新聞広告用に写真を撮りました。本堂の左側に見える平屋の建物が納骨堂です。建築の規模としてはそれほど大きなものではありませんが、長く住職とお話しながらこんなカタチの建築となりました。人が死に自然に帰ることを出来るだけ自然に現そうと取組みました。お堂の堅牢性を高めるためにも地面から少し浮かせてあります。また、お墓だから高級な材料を使う問う言うことではなく、白山から流れ出た土、地域の杉材など、地域の自然材料をそのまま使用しています。出来るだけ手の痕跡を残せるようにしました。施工は、夢工場さんです。外構工事を始め、もう少しつくり込まなければなりませんが、少しづつ着実に進めたいと考えています。

愛染寺納骨堂内部

納骨の受付は既に始まっており、愛染寺さんへお問合せください。落慶法要は10月25日で、お稚児さんも募集中ですので、こちらの申込みの受付も行われています。

愛染寺さんと言えば、お盆の柴山潟での灯篭流しでも有名ですね。こちらの受付も始まっています。私も毎年申込みしており、お盆には毎年灯篭流しを見に行きます。湖での灯篭流しは全国的にも珍しくずっと続けて行ってもらいたい行事の一つです。

人気ブログランキング→人気ブログランキングへ
posted by tamao at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works

2009年06月15日

ちょうどいい家Project

ちょうどいい家土地分譲開始

すでに先の週末より、土地分譲が本格的に始まりましたが。ちょうどいい家Projectが、本格的に動き出しています。HPも第一弾が完成し公開されています。ぜひチェックをお願いします。HP→ちょうどいい家

このプロジェクトでU+は、企画とネーミングそして第一弾のプロジェクトである小立野プロジェクトの街並みづくりのデザインとコンセプトを構築し、一軒目の家のデザイン・設計監修をお手伝いをさせていただきました。プロジェクトの構想から、既に一年以上たっていますが、金沢の老舗の城東建設建設会社がクライアントで、住まいづくりのこれまでの枠組みを大きく変えようと特別にプロジェクトチームを立ち上げてスタートしました。広告は株式会社マシロのみなさんと株式会社ウイングレボリューションです。

ちょうどいい家のコンセプトなどはホームページでご覧ください。自分が言うのも何なのですが、住まいづくりの最もシンプルな方法であると信じている、建築家(建築士)→施工会社という流れを変えようとも思っています。自分自身少し危険な気もしますが、私たちの様な変なこだわりの人が入って家づくりを大げさに考えることに対しても疑問を投げかけようと思っています。

とにかく「ちょうどいい家」をこれからよろしくお願いします。
建設会社こそ城東建設となりますが、金沢でも老舗の信頼の出来る建設会社です。できるだけ多くの人に、それぞれにとってのちょうどいい家探しをを貪欲にやっていただきたいと思います。少しだけ環境や社会にとっての住まいの意味を考えながら、、、建築家をご指名いただければ私も加わることが可能かな?

人気ブログランキング→人気ブログランキングへ

ちょうどいい家CG
posted by tamao at 18:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works

2009年04月28日

愛染寺納骨堂の上棟

愛染寺建舞02

4月26日、愛染寺の納骨堂が上棟した。朝から荒天で建舞いが出来るのか不安でしたが。少し山の陰で天候の影響もなさそうなので決行されました。住職が作業の前に特別のお勤めをし作業が進められました。納骨堂は円形で木組みは矩形の建物とはむらべものにならないくらい複雑です。この日までいろいろ打合せし工場で一つ一つ加工された部材が大工さんの手により組み合わされました。敷地の条件も悪く、荒天でいろいろ心配をしておりましたが無事にそして立派に上棟しました。

愛染寺建舞03

大工さんは本当にすごいです。1m50cm以上張り出した軒先の先端の作業などもご覧の通り。曲線を描く軒先にあわせたくし型の部材を慎重に打ち付けて行きます。納骨堂は人が帰る場所として、出来るだけ自然の材料と地域の材料で構想されています。加賀地域の杉材だけでなく、納骨堂の壁や床は加賀の土でつくられます。夏の完成に向けてこれから工事が進みます。
人気ブログランキングへ

愛染寺建舞04
posted by tamao at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works

2009年03月17日

スクリイン

スクリインモデル01

スクリインは、1995年に発表したプロジェクト(SDレビュー1996 入選)です。ちょうど今と少し時代がにていて、バブル経済の崩壊の影響を受けて実現はしませんでしたが、もろもろの時代の流れで私自身もふるさとに活動の拠点を置くことになったような気がします。とにかく、当時まだ若く建築+アート+デザインオタクの私は、杉本博司の作品に心を揺さぶられていました。「TIME EXPOSED」という写真集にある「Drive-In Theaters」という作品が気になっていたのです。
先日、歴史の歴史という杉本博司の作品を見ながら、スクリインのことを思い出していました。家に帰って作品に記されていた意味不明の文章から当時の建築への思いが垣間見えたので、紹介したい。

---------------------------------------------------------

スクリイン

建築は単純に組み立てられる。

感覚(感性)に直結したメディアの発達によって物理的な場所と空間が捉えにくくなっている。既に私たちの周辺には、感覚と直結した親密でリアルな空間が在る。

かつて、建築家は「スペースグリッドは、空間に秩序を与えるのではなく、空間がいかに無秩序であるかを証明するものだ。空間を構成する要素は記号ではなく模様に近い。・・・空間を埋め尽くす模様は全て無用である。」と語っている。建築とはもともとささいな事件や出来事にすぎない。私たちにとって、整えられた空間の配置や構成、新たなプログラムやシステムの発見すらも重要な意味を持たなくなってきているのではないだろうか。

光が空間を満たし、闇が空間を支配している。漂白された空っぽの空間が目の前に存在している。真に迷宮的な次元を獲得しようといいう欲望と曖昧な意識の投影、テクストの究極のありようとして建築は存在している。

スクリインドロウイング

人気ブログランキングへ ←記事を読んだらここをクリックしてね!
posted by tamao at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works

2009年02月26日

MT HOUSE

MT HOUSEもクライアントと出合ってやがて3年になるでしょうか?ちょうど私が独立したことを知って、クライアントは、私に住まいの設計を託してくれました。自然環境の豊かな場所に暮らしたいというクライアントの要望を聞いて、土地の探しから始まった住まいづくりも。ようやく建築の完了検査を終えました。こうして完成してみるとアッというまでしたが、この期間にクライアント夫妻に2人の子供が誕生したことを考えれば、とても長い時間が経過しているのだなと改めて思います。今日は最後の仕上げに外構工事をしていましたが、まだ何もない殺風景なこの敷地に緑が植えられ住まいがこれからもっと長い時間をかけて環境になじんでいくことを願っています。

MT HOUSE

人気ブログランキングへ皆さんのポチッを励みにがんばっています。一度と言わず何度でも!!
posted by tamao at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works