2013年04月15日

住まいの取材

ANMHOUSE取材

最近HP更新も怠っていて情報を掲載していないのに、仕事の進捗をFacebookU+Worklogなどでこまめにじて情報発信しているせいか、完成建物などを見られて、いろいろなメディアの取材依頼が多くある。完成した住まいの取材や見学はお住まいの方のスケジュールや都合でなかなかメディアの意図では、思うように取材できるとは限らない。今回もようやくクライアントの了解もえられ、休日にメディアの取材に同行した。お住まいは住まい始めてから、1年3ヶ月を経過したAMN_HOUSEですが、がんばってまとめて近くHPで見られるようにしたいと思っている。

さて、1年を経過すると建築も少し傷み出すが、それらの傷みは、住まいの愛着となって住まい手に十分に馴染んでいくためには必要だとも考えている。このAMN_HOUSEはクライアントも相当お気に入りで、以前もメディアの取材で「何かもう少しこうやれば良かったとか何かありませんか?」との質問に「もうこれ以上どうしてほしいということはなく、120%満足している」とご主人におっしゃって頂いた。今回も「家のどこが、特に好きですか?」との質問に奥様がお答えになり、「私たちの要望が全て網羅されているのと同時に、暮らし易いせいか、暮らしにとっても馴染んで、どこが特に好きということではなく、住まいの全てが好き」とおっしゃって頂いた。本当にうれしかった。

とにかく、完成後手がけた住まいに訪れた時、住まいが丁寧に使用されていていたりすると本当にうれしいものである。今回も丁寧に使用しながら、旦那さんも建設関係のしごとをしている職人さんあので、手も動くので、いろいろ自分なりに手を入れて下さっていていい感じになってきていた。子供たちがタタミの上を跳ね回る姿まで想像はしていなかったが、家族に愛されている住まいを見るとこちらまでもが幸せな気分になるものだ。

人気ブログランキングへ 

posted by tamao at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 計画・仕事/Works
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64907208
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック