2012年09月30日

アトムとの再会

AstoroBoy00.jpg

アトムに再会した。これは、Astoro Boy というタイトルの荒木博志の作品である。横たわるアトムは生きている。僕にはそう見える。
荒木博志は人形作家四谷シモンに師事し、独立後この作品で大変注目された作家である。僕の修行時代、確か恵比寿である。人形とヒトガタというタイトルに、ふと足を運んだことを記憶している。展覧会でこの作品を目にした時。当時、展示会のタイトルにピンときていなかったが、展覧会野中で、この作品を目の前にしたとき、思わず足を止めて見入った記憶がある。大きな衝撃が確かにあった。命が通っていないはずの人形、そしてアトムというロボットであるはずなのに、人の生命を感じた。間違いなく、大きな影響を受けた作品の一つである。当時の大きな衝撃と熱い想いが鮮明に蘇ってきた。
とにかく、今回、鳥取の倉吉では2つの不思議な体験をした。その一つがこのアトムとの再会である。アトムは現在、北原照久さんのコレクションとなっている。

人気ブログランキングへ 
posted by tamao at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート/Art

2012年09月11日

のどかな海

のどかな海.jpg


地域づくりの取組みで能登の突端、能登町へ出かけた。朝早く家を出たが、思ったより早く現地に到着した。時間が空いたので海の方へ出てみた。日本海に突き出した能登半島の内浦の海は、とっても穏やかできれいだった。水平線のかなたを眺めながら、静かに風の音を聞いていると、気持ちがすーっと穏やかになっていった。


人気ブログランキングへ←応援よろしくね!

posted by tamao at 05:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然/Nature