2011年11月27日

降旗廣信氏が来所

古民家再生の会の顧問をお願いしている、建築家の降旗廣信氏が我が事務所へお越しになった。降旗氏は間違いなく、古民家再生という言葉そのものをつくり、古民家再生を提唱された建築家で、古民家再生の実践の第一人者であることは間違いない。82才で現役の建築家であり、93歳で現役で生涯を終えた建築家村野藤吾を超えて社会の役に立ちたいとおっしゃられていて、本当に頭が下がる。この日は本当にたまたまのたまたまで、古民家再生の以来を受けて隣の集落の古民家を訪問にこられたとの事、古民家再生の会の赤坂会長と共に来られ、私も一緒に古民家を訪問することとなった。

事務所へ起こしになり、思わず氏(師とさせていただきたい)の著である「民家建築の復興」(鹿島出版会)という本にサインを頂いた。大切な本となりました。また、事務所の近所での再生でもあり迷惑でも勉強させていただきたい旨をお伝えしました。

自然と共にある建築やデザインがこれからの時代のキーワードであることは間違いないと考えている。大いに学びたい。平成23年11月25日は忘れられない日となりそうだ。

111125_降旗廣信氏が来所.JPG

人気ブログランキングへ←応援よろしくね!

posted by tamao at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記/Diary

2011年11月03日

ウルトラ九谷

ウルトラ九谷って呼んでみましが、正式にはあの円谷プロと能美市の協働のプロジェクトで、九谷焼ウルトラマンシリーズが正式名称です。ウルトラマンシリーズの脚本の一部手がけた脚本家の佐々木守さんが能美市の生誕地であることから生まれた能美市の地域づくりプロジェクトだそうだ。

111103_ウルトラ九谷.JPG

今日は九谷陶芸村まつりへ出かけ、ウルトラマンに絵付けをした。母が九谷焼の絵付けの職人だったので、絵付けの道具などはなれ親しんだものだったけど、いざ描こうとすると結構大変だった。

自分なりに九谷っぽく絵付けしてみました。出来上がりが楽しみです。この他普段使いのお茶碗も絵付けしてみた。こちらは、古九谷の本が横にあったので写してみたが、到底人に見せられるものでないので、、、それなりに出来上がりが楽しみである。やっぱり手づくりは楽しい。九谷陶芸村では気軽にいろいろなお茶碗に絵付けしたり、ロクロ体験まで出来る。結構お勧めです。今日は家内に誘われて初めて出かけたが、また行ってみようと思っている。

人気ブログランキングへ←応援よろしくね!
posted by tamao at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記/Diary